シラコノシタタリ

グロテスク・バイオレンス・スプラッタ、その他興味ある事へのレビューを書いていきます。

絶叫大予言 / 谷間夢路 先生(漫画)

※ネタバレ注意

※スプラッタ描写注意











完全オールスターのみで構成された90年代黄金期の伝説的ホラーコミック「サスペンス&ホラー」は小学校の頃から読んでましたが、トラウマの大半はこの雑誌が根源です。







近年、サスホラの単行本はお店でもあまり見かけなくなりましたが、BOOK OFFの100円コーナーに細々と置かれていると得した気分です。







人気のある谷間夢路シリーズもまた比較的出回ってはいるものの、店頭で見ることは少なくなってきていると思います。

 

 

 

 

 

 


「絶叫大予言」※1996年




クライマックスシーンなどで強調される独特のリアルなタッチが印象的で、分かりやすい落ち、そして大胆な傷口の描写等、谷間先生の持味が本作でも十分発揮されています。


 


中でも好きなのが





「窓際の少女」トラウマ①

 

 

 



屋敷から毎日外を眺める少女に一目惚れした青年が、屋敷に監禁されてると感違いし助けに向かうも親父に返り討ち。


 

 

目が覚めると自分の体が改造されている90s少年達が納得する展開。
  




「異様島漂流記」トラウマ②

 

 



無人島に漂着してから先生の様子がおかしくなり、突如口からフナ虫を大群放出・・

この島は一体・・と90s少年達が納得する展開。





「巌窟少女」トラウマ③

 

 



とんでもないSっぷりの先生。生徒を砂浜に顔だけ出しカン蹴りと証してクラスの皆で顔面蹴ったり、ゴカイやアオイソメをウドンと証して食べさせる。





他にも、






意地悪な音楽の先生が






スライスされたり





オムニバス形式で全9作品程あり、読めば読む程夢路先生節にハマる一冊です。