シラコノシタタリ

主にグロテスク・バイオレンス・スプラッタ、その他完全趣味な内容のレビューを書いていきます。

ホステル3 / 映画(海外)

※ネタバレ注意

※グロテスク・暴力的な描写が苦手な方は閲覧をお控え下さい。

 




 

 

 



スコット・スピーゲル監督が手がける「ホステル3」

f:id:siracon:20170109021017j:image

 

 


拷問系スプラッタ映画で大体記憶に残るのは

 


ド田舎(高確率でテキサス)で若者4人(男2人:女2人)の乗る車故障

親切な人にレッカーで修理場へ運んでもらう

待ってる間茶を出されいつの間にか就寝

目覚めたら拷問スタート

 



がよくあるパターンですが、この映画はより社会に寄った形で表現されていて新鮮です。


 


ホステルシリーズで怖い所は何といっても、快楽目的には違いありませんが、企業がビジネスで人をオークション等にかけ、買い手に渡った商品(人)に対し惨劇を冷徹且、システムチックに進めるところだと思います。





1,2ではスロベニアが舞台だったのですが、本作は場所を移しラスベガスが舞台。裏組織がラスベガスの観光客等を拉致してエリート会員制クラブの客の娯楽殺戮の餌食にされるという多少なりとも考えられる設定。



 


本作では、客が直接手を出さずショー感覚で見物し、命乞いの仕方を賭けたり、顔を剥ぐ時に使う道具を予想し賭けるギャンブル形式。

 




顔を剥がれた男、大きいゴキブリ?を大量に口に入れられたGAL、じわじわボーガンで打たれる男、全部VIPにとっちゃショーに過ぎません。拷問後に観客が拍手してる光景は恐ろしいの一言。




ラスベガスという土地柄もあり、エンターテイナーの一環として上記の様な事をしている様は妙なリアリティーさを感じました。




主人公達はベガスに遊びに来て、エリートハンティング組織に一度は捕まりますが脱走するべくどんでん返しも多少あったりとアクション的な要素も楽しめました。





ただし、所々の拷問シーンが1、2に比べて控えめな印象でした。





それでも充分緊張感もあり面白かったです!





イーライ・ロス監督による続編に今後も期待してます♪




 

 

 


余談ですが以前、東南アジアのダンスクラブに一人で行き、何度か顔を合わせた地元の男に朝方面白い場所に連れていくから一緒に来てくれと長時間説得されていたら徐々に大勢の仲間が集まり始め危険を感じた事がありましたが…この映画を見て余計気を付けようと思いました。