読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シラコノシタタリ

主にグロテスク・バイオレンス・スプラッタ、その他完全趣味な内容のレビューを書いていきます。

ラブ・ドワンズ / 映画(海外)

MOVIE―グロ・拷問

※ネタバレ注意

※以下、グロテスクな表現が含まれますので苦手な方は閲覧をお控え下さい。

 

 

 

 

 

 

 

オーストラリアのCM等で活躍しているショーンバイルン監督による監禁スプラッター映画「ラブ・ドワンズ」のご紹介。

 

f:id:siracon:20170109015729j:image

 


一見POPなデザインジャケですが、手にはドリルを持ちながら「理想のイケメン王子さま、捕獲完了」という恋愛映画を思わせるキャッチフレーズ。

 

 

 


■ストーリー
イケメン男子校生ブレントを高校のダンスパーティーに誘う少女ローラ。

彼女持ちのブレントはローラからの誘いを丁寧に断ったが、不覚にもローラとローラの父に拉致・監禁されてしまう。

学校での様子とうって変わり家でのローラは妄想癖のあるドS女に豹変。父も娘に従順に従う狂人。
自宅でブレントを椅子に縛り上げ、地獄のホームパーティー開始!という設定。

 

f:id:siracon:20170109015809j:image

 

縛り上げた王子を席に座らせ、手始めにフォークで王子の上半身にハートマークを刻み込み、極めつけはプリクラ感覚で記念撮影。

 f:id:siracon:20170109020020j:image

 

 

 

 

 

最後は慣れた様子で、王子の額にドリルで穴を開け、そこから熱湯を流し込もうとします。

ブレントは免れましたが、その後床が突如開き地下室へ落とされます。

そこには、過去同じように連れてこられたイケメン達が変わり果てた姿で閉じ込められています。彼らは穴から熱湯を脳に流されている為気がおかしくなっています。
ブレントは熱湯を流し込まれるまでに至らなかった為、脱出を試みます。

 

 

 

 

 

 

f:id:siracon:20170109015850j:image

 追ってくるローラがイカツイです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホステルのような拷問監禁映画の別シチュエーションに興味ある方は楽しめるかと思います。

 

 

 

 

 

余談ですが、この映画中のローラのシーンでかかっている曲「NOT PRETTY ENOUGH」は中々良い曲です。