シラコノシタタリ

主にグロテスク・バイオレンス・スプラッタ、その他完全趣味な内容のレビューを書いていきます。

鬼畜大宴会 // 邦画

※ネタバレ注意

※残虐描写有り

 

 

 

 

f:id:siracon:20170122191613j:image

 

熊切和嘉 監督作品

鬼畜大宴会

 

 

 

 

時代は学生運動の盛んだった70年代を思わせる雰囲気。

 

 

暴力・嘔吐・拉致・拘束・SEX・切断・血しぶきシーンが印象的です。

 

 

学生運動団体と見られる集団のリーダーが服役中にメンバー同士の内輪揉めが勃発。

 

 

そこから殺人、狂宴へと発展していく。

 

 

 

 

 

 

 

前半は会話も目立ちストーリーは問題無く掴め、70年代の定番である一つの鍋で麺をすするという光景も見られ雰囲気が伝わる。

 

 

後半は会話は無く、奇声と暴力のオンパレード。

 

 

長くもありあっと言う間の106分でした。

 

 

日本刀を持ったメンバーの1人が無駄にカッコよかったです。

 

 f:id:siracon:20170122191732j:image

 

 

f:id:siracon:20170122191738j:image

 

 

f:id:siracon:20170122191751j:image

 

 

f:id:siracon:20170122191807j:image

 

 

f:id:siracon:20170122191901j:image

 

 

f:id:siracon:20170122191837j:image