シラコノシタタリ

主にグロテスク・バイオレンス・スプラッタ、その他完全趣味な内容のレビューを書いていきます。

魔の刻 // 1985年 邦画

 

 

f:id:siracon:20170128111913j:image

 

母役に極妻でお馴染み岩下志摩さんと、今やバラエティー常連、坂上忍氏演じる息子の禁断の愛を描いた名作。

田舎の港町に、かつて関係を持った母から離れ一人暮らしする息子を追って母も港町に移り住む。その中で、同じ街に住む殺人歴があると噂されながら逃げ伏せている薬局の男と関わっていく。

次第にそれぞれの登場人物に心の変化が生まれ、それぞれの行った過ちかも分からない現状に答えが出始めるまでの経緯が生々しく描かれている。

 

 

f:id:siracon:20170128111918j:image

 

近親相姦という一見世間的にタブーとされる題材だが、それぞれの人間模様の生臭さが妙に魅力ある映画でした。

自分の思った通りの事をして良いという考えを主張する人は今も昔も居ますが、
80年代は今より明るく肩の力が幾らか抜けている分、タブーとされている事であっても表現の仕方により美しくも魅せられる要素が無限にあった時代だとリアルタイムに体感してない世代なりに感じました。

 

f:id:siracon:20170128111949j:image