読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シラコノシタタリ

主にグロテスク・バイオレンス・スプラッタ、その他完全趣味な内容のレビューを書いていきます。

KNOCK KNOCK // イーライ・ロス監督(映画)

イーライ・ロス監督

2015年:アメリカ合衆国

KNOCK KNOCK(ノック・ノック)

 f:id:siracon:20170313152646j:image

 

 

 

 

前作「グリーンインフェルノ」といい心底イヤ~なとこを突っ込んでくるイーライロス大先生の最新作。

 

 

 

 

今作は大御所キアヌ・リーヴス氏が主演となっているということで自分のホームに芸能人が来たような感覚で観ていました!

 

 

 

 

率直な感想は、こんな事されたらめちゃくちゃ困ります!

 

 

 

そうくるか~勘弁して(泣)と言いたくなる事でしょう。

 

 

 

マイケル・ダグラス氏主演の超絶クラシック「危険な常時」と内容は全く別ながら同じ気持ちになりました。

 

 

 

主演のお二人に共通して言えるのは、「困った様子」が兎に角上手い!

 

 

 f:id:siracon:20170313152702j:image

 

 

簡単なあらすじは妻と子供二人で幸せな家庭を築く元DJで建築家のイケテル主人公。一人留守をしている最中に礼儀正しい美女二人が突然訪問。雨に濡れ道に迷っているという。

主人公が親切にするうちに徐々に距離を近付け、情事に発展。その翌朝、主人公が目を覚ますと美女二人が手の平を返すような図々しさと共に主人公宅をグッチャグチャに・・・

 

 

f:id:siracon:20170313152715j:image

 

 

ん?

 

 

この展開、嫌悪感MAXのアノ映画と似ています。

 

 

 

 

そう、正に女版ファニーゲーム!!

 

 

 

 

ファニーゲームを最初見終えて、青年2人を女性に置き換えたverも観てみたい!と思っていた願望を見事にイーライ・ロス監督が叶えてくれました。

 

 

 

イーライ先生の作品には珍しく、死者は不運にも足を滑らせて頭を打った主人公の知人のみとなりますw

 

 

 

 

死者が出ない痛々しい映画はやはりリスペクト!