シラコノシタタリ

主にグロテスク・バイオレンス・スプラッタ、その他完全趣味な内容のレビューを書いていきます。

西太后 第二部 / リー・ハンシャン監督(映画)

 

 

中国には過去おぞましい処刑方法が数多くあり、漫画や都市伝説でも度々登場する。

 

 

 

中でも恐ろしいのが全身の皮を刃物ではいで行く剥皮刑や縛られた人間に小さな刃物で少しずつ全身の肉をそぎ落としていく凌遅刑。明代には3000刀以上に渡り数日間生かしながら切り落としていった記録もあると云う。

 

 

 

西太后の映画は数種類存在し、今回はいわゆる「人間だるま」のシーンが登場するコチラ

 

f:id:siracon:20170602085232j:plain

 

西太后 第二部 ~垂簾聽政~

1984年

監督:リー・ハンシャン

 

 

第一部「火焼圓明園」との2部構成であるが、だるまシーンはコチラで登場する。

 

 

実際のところ清朝末期の中国の時代背景は重なるものの、物語上でだるまにされた荘静皇貴妃(麗妃)は史実として残されておらず、1890年に病没している為本作は過剰な演出も考えられる。

 

 f:id:siracon:20170602085038j:plain

 

薄暗くじめついた場所に幽閉され、手足も無いまま壷に顔だけ出ている状態で今日までどのように生きてきたのだろうか・・・

 

 

 

当の西太后も映画上では人間味がよくでていて、一方的な残虐性はさほど感じられなかったが、流石にだるまは勘弁して貰いたい。

 

 

 

余談ですが西太后役のリウ・シャオチンは中国では最高レベルである国家第一級演員に認定されていてルックスも綺麗なのでそれだけでも見所ある作品だと思いました。

 

 

 

中国の無駄に恐ろしい刑の数々は実際に存在するのは確かであり、本作が史実にどこまでなぞられているかは定かでなくとも色々想像させられた。