シラコノシタタリ

187% PITIFUL AND VIOLENCE BLOGGGG!!!!

九龍城探訪-魔窟で暮らす人々- // ドキュメンタリー

九龍城探訪

 

 

 

 

 

東洋最大のGHETTOであり、100年に渡り法律や建築基準等が整備されず一塊の魔窟として成り立っていた要塞「九龍城」。

 

 

 

 

 

 

f:id:siracon:20180821013542j:plain

 

 

 

 ピーク時(1980年代)には3万人以上が住んでおり、城内は住居は勿論、学校や医者、食品工場など営みに必要な施設が揃い街そのものだったと云う。

 

  

 

 

f:id:siracon:20180821013615j:plain

 

 

 

 

九龍城での制約は2つのみ存在。

近隣に空港がある事に伴う建物の高さ制限と、火事を懸念した電気の使用制限だと云う。

 

 

 

f:id:siracon:20180821013649j:plain

 

水道設備も皆無

 

f:id:siracon:20180821013719j:plain

 

 

 

 

GHETTOやスラムと云われると暗いイメージがありますが、私は九龍城に限っては昔から憧れのようなものを持っていました。

 

 

 

小学生の頃、コンビニやレストランがテナントで入っているマンションに住む事に何故かとても憧れていました。

住んでいる一つの建造物に様々な可能性のある環境。そこにロマンがあり、無意識のうちに九龍城を勝手にダブらせていたのだと思います。

 

 

 

 

この写真集の存在を知り手に取った時、一度も行ったことが無い全くの別世界なのに自分が昔感じた匂いのようなものを少しだけ思い出しました。

 

 

 

何故かはわかりませんが(笑)

 

 

 

先日、自分もKowloonへ一人旅に行って見ました。

 

 

 

九龍城は当然既ににありませんが、重慶大厦やミラドールマンションなど一つの建造物に様々な文化や人種、ビジネスの入り混じる建物はとても迷路心を擽りました。

 

 

f:id:siracon:20180821013914p:plain

 

 

重慶大厦・ミラドールマンションのいずれも建物内にある安宿に宿泊しました。

 

 

f:id:siracon:20180821014111j:plainf:id:siracon:20180821014206j:plain

 

 

一室では夜になってもハローワークのような施設でパソコンを駆使する人々、廊下ではタバコをねだってくる白人女性、布団を干すおばさん、様々な光景がフロアごとに視界に入ります。

 

 

f:id:siracon:20180821013956p:plain

 

 

 

 

平日夜中2時ともなると、流石に入り口に居る客引き達も目立たなくなり、日中程の活気はありませんでしたが、フロア内にあるインド系の飲食店では中東系の人々で賑わい、アフリカ系の飲食店では黒人が派手に歓談し、ストリートウェアを扱う衣糧店では時代遅れな2000年代HIPHOP(訪問時2018年)が流れ、眠るそぶりを見せませんでした。

 

 

 

 

日中は観光客で賑わい、深夜は打って変わりフッド色が強くなる。


昼と夜でスープの味を変える、世田谷の某有名ラーメン店のような建物でした。